定年間近!50代でも貯金ができていない人に共通する特徴とは?

そろそろ定年間近となってくる50代。老後資金について頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

総務省が2020年5月に発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)2019年(令和元年)平均結果(2人以上の世帯)」の「世帯主の年齢階級別貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高」をみると、50代の貯蓄現在高平均は1,704万円ということが分かり、その内訳は通貨性預金443万円、定期性預金573万円、生命保険422万円、有価証券179万円、金融機関外87万円です。一方で50代の負債額は652万円あり、純貯金額は1,704万円―652万円で1,052万円です。

また、今回の調査によると現役世代の中で唯一貯金額が負債額を上回る世代が50代であることも判明しています。子育てもひと段落し、住宅ローンもある程度目処が立つ50代。老後に向けての本格的な貯蓄をスタートさせる最後のチャンスともいえるべき年代です。

今回はそんな50代にも関わらず、なかなかお金が貯まらない人に共通する4つの共通点を紹介します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

金融業界・教育業界でのOLを経て現在は主婦に。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。
探究心強めな性格を活かして、生活に役立つ情報を発信していきます。