ホントに青い?「隣の芝生のお給料事情」に迫る。

あなたの芝生も青く見えているのかも・・・

「あー、あいつ羨ましいなぁ・・・」「彼女と私はどうしてこんなに差があるの?」、友人に対してこんな気持ちを持った経験、誰もが一度はあるでしょう。特に、仕事やお金にかかわること。お給料や待遇などを他人と比較し始めてしまうとキリがありません。

でもちょっと待って。もしかすると、相手もあなたのことを羨ましく思っているかも?

「お隣さんの芝生、本当に青いのでしょうか?」

他人を羨ましいと思うポイント=やはり「給料」

続きを読む

リスクモンスター株式会社が実施した第2回「隣の芝生(企業)は青い」の調査結果によると、「知人・友人が勤める企業について羨ましいと感じる理由」は、「給料が高い」が56.3%と最も高くなっています。これは、どの年齢・性別においても変わりません。

しかも、年収ごとに分けた調査でも同じ。どの年収でも、他の人の「給料が高い」ことを羨ましく感じる人が最も多いという結果になりました(同率で他の項目はあり)

年収が300万円未満でも、1500万円以上でも、他人の給料を羨ましく思ってしまう…。いくら稼いでも、「これで十分」と思えない人は意外と多いのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。