なぜこんな物まで?!ビックリした「フリマアプリ出品物」6選

Brian A Jackson/shutterstock.com

不用品を整理した後、それをそのまま捨ててしまうこともありますが、フリマアプリが浸透してきた今、「売ろう」と考える人も少なくありません。フリマアプリのサービスはいくつかありますが、基本的に無料で出品ができるので「とりあえず」感覚での出品もあります。

中には「え?ええ?」と思わず二度見してしまうようなものも。そこで今回はフリマアプリ歴6年の筆者がこれまで見てきた「思わず二度見」商品を紹介していきます。その前にまずは、フリマを利用する場合の注意事項です。

続きを読む

出品に関する規則、ローカルルールの確認を

自分が使わなくなったものをフリマアプリなどを使って売るのは、筆者個人としては大賛成です。少しでもお金になった方が嬉しいのは、筆者もよくわかります。現在のところ、メルカリやラクマ、PayPayフリマが3本柱となる様相で、それぞれを使い分けて不用品などを売っているユーザーもたくさんいます。

出品にあたってはそれぞれのサービスの出品禁止物や禁止行為の確認は大前提になります。また「専用出品」「即購入禁止」などローカルルールも存在しますから、公式ルールではないにせよ、ある程度知っておく必要はあります。

これらの注意事項を踏まえ、筆者が「ええ?」と思った出品物と考えられる理由を紹介していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションの専門家)

フリマアプリ・ネットオークションの専門家。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。
現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、
ユーザーとして出品や購入の経験を積む。
家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。
高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。