公務員の退職金。2000万円以上もらっている人は何割か

退職金3000万円以上支給される人数は

ここまで見ていく中で、退職金は2000万円~2500万円の割合が最も高いことが分かります。

国家公務員の退職手当の支給水準については、退職給付(退職手当及び年金払い退職給付(使用者拠出分))の官民均衡を図るため、おおむね5年ごとに行う民間企業の企業年金及び退職金の実態調査を踏まえて見直しが実施されているためなのです。

民間企業の退職金は約2000万円と言われていますので、上記が考慮されているとはいえ、国家公務員の退職金はやや高めといわれても仕方がないでしょう。

さて、2000万円以上の高額の退職金を受け取っている人はどのくらいだったかというと、常勤職員の定年時に関していえば、7588人で全体の58%となり、そのうち行政職俸給表(一)適用者に至っては、2792人で86%の人が受け取っています。いずれの場合でも、半分以上の割合の方が2000万円以上を受け取っています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。