クレジットカードの「家族カード」、活用しないともったいない4つの理由

みなさんは、クレジットカードの「家族カード」をご存知でしょうか? 名前は知っていても、実際に家族カードをお持ちの方はまだまだ少数派かもしれません。

そんな家族カードですが、実は通常のクレジットカードにはない、さまざまなメリットが隠されています。ぜひ本記事を参考に、家族カードに関する知識を深めていきましょう。

クレジットカードに追加で申し込める「家族カード」って?

家族カードとは、クレジットカードを契約している本会員のカードの他に、家族用として追加で発行されるカードのことです。もしご自身が、家族カードを申し込むことができるクレジットカードをお持ちの場合は、配偶者や子ども用に家族カードを作ることができます。

続きを読む

一般社団法人クレジットカード協会の調査によると、平成31年3月末のクレジットカード発行枚数は、2憶8,394万枚となっており、成人人口比では1人あたり2.7枚、クレジットカードを保有している計算です。

その内、家族カードの発行枚数は2,165万枚ですので、全体のクレジットカード発行枚数から見るとそのシェアはわずか8%未満となり、現状では家族カードの普及率はまだまだ低めであると言えそうです。

家族カードを利用するメリット

それでは、家族カードを利用するメリット※をご紹介していきましょう。
(※カード会社によっては一部例外のカードもあります)

①本会員と同じ種類のカードを持つことができる

1つ目のメリットは、本会員と同じ種類のカードを持つことができる点です。一般的に、学生や専業主婦の方などは、収入面の理由からカードの審査に通りにくいと言われています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。