子育て費用、大学進学時に親はいくら必要か

miniwide/Shutterstock.com

 子どもがすくすくと大きくなっていくにつれて、同じように大きくなっていくのが「学費」に対する不安ではないでしょうか。
すくすく育つ子どもの成長を喜びながら、「今年こそは学資準備のために何か始めないと」と思っている人も多いことと思います。
 そこで今回は大学進学時にいくらくらい必要なのかを、いくつかのタイミング別にみていきたいと思います。

いよいよ受験突入!子ども1人当たりの入学費用はどれくらいかかるの?

続きを読む

いよいよ受験本番となった時、受験費用や学校納付金といった費用が必要になります。
日本政策金融公庫公表の「教育費負担の実態調査結果(2020年3月11日発表)」によると、子ども1人あたりの入学費用(受験費用、学校納付金、入学しなかった学校への納付金)の平均額は以下の通りです。

私立短大

  • 受験費用:26.7万円
  • 学校納付金31.2万円
  • 入学しなかった学校への納付金:9万円

国公立大学

  • 受験費用:29.2万円
  • 学校納付金:31.0万円
  • 入学しなかった学校への納付金:11.3万円

私立大学文系

  • 受験費用:33.6万円
  • 学校納付金:44.6万円
  • 入学しなかった学校への納付金:8.5万円

私立大学理系

  • 受験費用:32.7万円
  • 学校納付金:43.8万円
  • 入学しなかった学校への納付金:8.0万円

国公立大学、私立大学のいずれも受験費用、学校納付金、さらに入学しなかった学校への納付金の負担は70万円~90万円程度必要であることがここでわかります。もちろん試験を受ける子どものプレッシャーと負担が一番大きいのですが、親としてもこの額を準備しないといけないプレッシャーと負担に押しつぶされないようにしないといけません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。