元銀行員が教える、住宅ローン組むべきか避けるべきか

【その4】利息の支払いがある

住宅ローンには、必ず利息があります。お金を貸した側が利益を得るために必要なものです。

一見、住宅ローンの利率は低いように見えますが、元の金額が多額であればあるほど、利息の金額自体は結構かかるといえます。

また、利息だけではなく、住宅ローンを組む際に手数料などの支払いも発生するため、住宅だけの金額以外に数百万程度かかることも珍しくありません。

まとめにかえて

今回は、元銀行員から住宅ローンを組むべきかやめるべきかを解説しました。私の考えは、住宅ローンを組むべきではないというスタンスです。

実際、私が見てきたお客様の中でも、住宅ローンを組んだことで生活が苦しくなって精神的につらそうな姿を見たこともあるからです。

これからマイホームの購入を検討している方は、住宅ローンについて考えてみてはいかがでしょうか。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

金融とテクノロジー領域が得意なライター
大学卒業後、第一地銀、外資系コンサルに勤務し、現在はエンジニア業務をこなしながらライター業にも従事。取り扱うテーマは、これまで勤務経験のある金融及びテクノロジー領域を中心に発信。金融関連の資格では一種外務員、内部管理責任者資格なども保有。これまでの専門性を活かした読者の皆様のマネーリテラシーに貢献できるような内容を積極的に取り上げていきたい。