「みんな1000万円フツーに貯めてるってホント?」~貯蓄上手さんを目指すためのコツとは~

総務省が2020年5月に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」によれば、世帯当たりの貯蓄額について、以下のように報告されています。

「1世帯当たり貯蓄現在高は 1755万円で,前年に比べ 0.2%増加し,3年ぶりの増加。
貯蓄保有世帯の中央値は 1033万円。」

収入額、貯蓄額ともに、多くの人が目標とする「1000万円」。この結果を見ると「意外にもあっさり、貯蓄1000万円を達成している人が多いのね…」とも感じてしまうかもしれません。

続きを読む

そう、年収の多少にかかわらず、しっかりと貯めることができている人は、確かに存在するのです。今回は、「お金を貯めるコツ」について、少し考えてみましょう。

まずは目標設定。年代別の貯蓄額の平均はどのぐらい?

お金をなかなか貯めることができない人の中には、「お金を貯めることはできるけれど、10万円、20万円貯まると、すぐに使ってしまう」という人がいます。

このような人は、長期的な目標がはっきりしていないため、ちょっと貯まると何かに使いたくなってしまうというケースが多いようです。まずは、貯めるための目標を設定してみましょう!

理想的なのは、「結婚式」「マイホーム購入」など、使うタイミングと金額が具体的なものですが、特にはないという場合は、とりあえず目標の金額を設定してみてはいかがでしょうか。
100万、1000万というきりのよい数字もよいですが、「とりあえず人並みに」ということで、年代別の貯蓄額の平均を掲げてみるのも、よいかもしれませんね。

参考までに、前述の総務省の報告によれば、各年代別(勤労者世帯)の貯蓄額の平均は以下のようになっています。

  • 20代(~29歳)の預貯金の平均額:357万円
  • 30代(30~39歳)の預貯金の平均額:721万円
  • 40代(40~49歳)の預貯金の平均額:1,057万円
  • 50代(50~59歳)の預貯金の平均額:1,728万円
  • 60代(60~69歳)の預貯金の平均額:2,135万円
  • 70代以上の預貯金の平均額:1,912万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。