元銀行員が教える、定年後に失敗しない退職金の活用法

oneSHUTTER oneMEMORY/Shutterstock.com

退職後の生活、特に老後にまつわるお金のニュースを最近よく耳にしませんか。定年の延長、年金の受給年齢幅の拡大、老後2000万円問題などなど。私達の関心を集める話題だけに、皆さんも興味津々かと思います。

退職金も私達の関心事のひとつですね。本日は、老後の生活資金でもある退職金について、その運用法についてお伝えします。

平均の退職金額はいくら

退職金をもらえるとすれば、一体いくら受け取れるのでしょうか。下記は厚生労働省が発表した「平成30年就労条件総合調査 結果の概況 退職給付・一時金年金の支払い実態」の資料です。それぞれの退職金は下記のとおりです。

続きを読む

定年退職者の退職給付額(学歴別)

  • 大学、大学院卒(管理、事務、技術職)・・・1,983万円
  • 高校卒(管理、事務、技術職)・・・1,618万円
  • 高校卒(現業職)・・・1,159万円

大学、大学院卒の定年退職者は退職金額が2,000万円近くありますから、昨年話題になった「老後2,000万円問題」は、定年後に住宅ローンが大きく残っていなければ、なんとか解決できそうですね。

しかし、高校卒の場合、自助努力が必要になるかもしれません。

もっとも、2,000万円だけで足りるかという議論もあるでしょう。

実は、将来の住居費用や介護費用は2000万円問題の計算に入っていないため、2,000万円だけでは老後の生活を支えることはできません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。