「夫の収入・貯蓄額を知らない」妻も…。夫婦間でお金のことを隠す理由を聞いてみた

みなさんは、パートナーの収入額や貯蓄額を把握しているでしょうか? 筆者の知人の60代の女性は、「結婚して40年になるけど、一度も収入額を教えてもらったことがない」といいます。

収入額だけでなくボーナスの金額も貯蓄額も知らない、最近夫婦ともに年金生活に入ったものの、年金額もわからないそうです。さらには、支払いに関してもすべてパートナーが管理しているため、毎月食費や日用品代として受け取る金額以外の支出額も何となくしか把握していないとのこと。

続きを読む

「収支も貯金もわからないのは不安だと何度も訴えたけれど、詳しくは教えてもらえないしお金に困ったことはないから諦めている」とこぼしていました。

そんなことがあるのかと驚いたのですが、実はパートナーに正確な収入額や貯金額を教えていない人は意外に多いようです。

パートナーへの隠し事No.1はお金関係

今年6月に松井証券株式会社が公表した「夫婦の家計管理事情に関する調査」によると、全体の約4割の人がパートナーに何らかの隠し事があると回答しています。隠し事の内容と割合は以下の通りです。

  • お金関係:20 .9%
  • 恋愛関係:9.5%
  • 趣味関係:7.5%
  • 仕事関係:3.6%
  • 病気関係:1.8%
  • 親戚関係:1.8%
  • その他:0.3%

隠し事の内容はさまざまですが、お金関係の隠し事をしている人が突出して多いという結果が出ています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

約10年間セラピストとして活動後、IT企業にてチームリーダーや総務、人事等を経験して独立。現在はライター/コラムニストとして、お金に関する記事を中心に、求人関連、医療関連等、多ジャンルの記事を執筆している。難しいお金の話をわかりやすく伝えることを心がけつつ、「くらしとお金の経済メディア LIMO」など複数のメディアに寄稿中。