年収400万円の世帯の貯金はいくらか

jakkapan/Shutterstick.com

お金の話は身近な人にでも気軽に聞けない、と言うのは皆さんがお感じではないでしょうか。しかし、お金について真剣に考えるためには情報が必要です。その情報も正確であればあるほど有効活用することができます。

それではお金について知るためにはどうすれば良いでしょうか。一番良いのは官公庁によって公開されているデータを元に正確に数字を知ることです。

今回は、総務省が2020年5月に開業している「家計調査」をもとに、年収別の貯蓄の水準について見ていきたいと思います。

続きを読む

貯蓄と言っても、多くの方が考えているように金融機関の預貯金だけではなく、生命保険や有価証券と言った金融商品も含みます。

ここでは年収別にどのような金融商品を持っているのかも合わせてみていきましょう。

年収400万円から450万円の世帯について

日本の平均年収は約440万円といわれています。まさにこの年収のレンジの世帯が日本を代表する年収の世帯とも言えます。

それでは早速、二人以上の世帯のうち勤労者世帯の貯蓄について見ていきましょう。

結論から言うと、この世帯の貯蓄は861万円となっています。

またその内訳は以下の通りとなっています。

  • 通貨性預貯金:247万円
  • 定期性預貯金:332万円
  • 生命保険など:189万円
  • 有価証券:83万円
  • 金融機関外:10万円

このように見ると、貯蓄のうち大部分が預貯金だということがわかります。また預貯金についで金額が多い金融資産は、生命保険などということが見えてきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX