通期最終赤字見通しの資生堂が一時▲11%安の暴落! 日経平均株価は3日続落

【東京株式市場】 2020年8月7日

copy URL

東証マザーズ株価指数は反発、売買代金は78日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,255万株、売買代金は1,674億円となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金は増加しています。ただ、売買代金は78日連続で1,000億円を超えたものの、出来高が1億株を下回るなど模様眺めムードが強かったようです。

ただ、主力銘柄が買われたこと等から、株価指数は反発しました。終値は1,000ポイントを固めに入るのか、今後の動向が注目されそうです。

スクエニHDが一時ストップ高の爆騰、通期最終赤字の資生堂が一時▲11%安の暴落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • バンダイナムコホールディングス(7832)
  • オリンパス(7733)
  • ダイキン工業(6367)

大型株では、ゲーム関連株への物色が継続され、前日に決算発表を行った任天堂(7974)が一時+5%高に迫る急騰となっています。

また、同じく前日に過去最高となるQ1実績を発表したスクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)は一時+16%超高のストップ高まで買われ、終値も+12%超高となりました。ただ、残念ながら、これら2銘柄は日経平均株価に採用されていません。

その他では、業績悪化が顕著な小売業界で、好調な決算見通しを公表したヤマダ電機(9831)が一時+10%超高へ爆騰したことが目を引きました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。