今年は過去最低の夏休み予算!? お金をかけずに子どもと楽しむ方法

明治安田生命が6月に実施した「夏に関するアンケート調査(2020年)」では、今年の夏休みに使う金額の平均は「6万5157円」と、調査開始以来、過去最低の水準になったと報告されています。さらに新型コロナウイルスが今年の夏休みの計画に「影響がある」と回答した人は70.2%。約6割の方が「今年は自宅でゆっくり過ごす」と回答しています。

新型コロナウイルスの蔓延を考えると我慢が必要とはいえ、1年に一度しかない夏休み。今年だからこそできる、お金をかけずに子どもたちと楽しむ夏休みの過ごし方にはどんなものがあるでしょうか。

続きを読む

今年の夏休み、どうする?

普段の夏休みには、旅行を計画したり、夏祭りや花火に出かけたり、平日はショッピングモールや児童館、水遊びのできる公園などへ出かける方も多いですよね。しかし、今年は夏祭りや花火が中止のところも多いですし、外出自体を控える人が多いでしょう。

関東の地方都市で育児中の筆者の周囲でも、「GO TOトラベルキャンペーン」は利用しないという人や今年は帰省しないという人、外出は車で日帰り旅行という人が多数派です。

仕方がないことではあるものの、「せっかくの夏休みなのに」「もう子どもと家で遊ぶ方法が思いつかない」なんて思うことも。とはいえ、気候が良いこの時期を我慢ばかりで過ごすのは辛いものです。

一方で、コロナ禍では経済的な不安を感じる人も多いもの。お金をかけずに夏休みを楽しむ方法について考えてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科を卒業後、野村證券を経て2011年よりライターへ。
主な執筆分野は育児、教育、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。
子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みを伝えるべく執筆中。禅好きの3児の母。