「人前で叱ること」の知られざるリスク

筆者は米国系の複数の外資系企業勤務経験があります。その経験で感じたのは、アメリカ人は相手の評価をする時には極めて慎重になる文化を持っているということです。米国社会では、周囲の目があるのに叱りつけるということは許されません。人前で怒る人は感情をコントロールできない、未熟なチャイルディッシュな人物であり、信頼に足らないという烙印が押されます。

筆者がかつて勤務していた米国の外資系企業でも、周囲にイライラしながら教えていた人物がいました。それを目ざとく見つけた彼の上司が個室に呼びつけ、部屋から出てきた時には彼はすっかり牙を抜かれていたのを覚えています。日本では許されることも、アメリカ社会ではまごうことなき「パワハラ」という認識になるのです。

アメリカ社会で相手を叱る時は、必ず1対1の個室です。それが相手の尊厳を守るためには常識なのです。

東南アジアで人前で叱ると命を落とす

米国ではビジネスの信用を落としてしまうのですが、東南アジア諸国では文字通りの意味で命を落とす事になりかねません。

  • フィリピン…担任教師が、他の生徒がいる前である生徒を叱った。その後、恥をかかせたことに怒った生徒が教師を殺害
  • タイ…日本人ビジネスマンが相手のミスを人前で指摘し、逆恨みを受けた
  • インドネシア…従業員を会社で叱ったら、他の従業員から総スカンを食らった

フィリピン大使館の「フィリピンにおける安全対策」では、公衆の面前で罵倒してはいけないということへの注意喚起がなされており、過去にこれが元でトラブルが発生したことが分かります。

フィリピンにおいては,相手が誰であっても,公衆の面前で罵倒し,恥をかかせるといった行為はタブーとされています。たとえ自分の家族に対する暴力的な言動であっても,周囲からいやがられます。(従業員を他の従業員の面前で叱責したために暴行・脅迫を受けた例や,自分の配偶者や子を叱っていて他人から訴えられ,警察に逮捕された例もあります。)

(引用元:在フィリピン日本国大使館「フィリピンにおける安全対策」)

日本人、韓国人が自国と同じ姿勢で、現地の人を公衆の面前で叱責したことで恨みを買って事件に発展したことは何度も起こっています。「年功序列」という儒教文化は他国では非常識とされる国もあるのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
黒坂 岳央(起業家/投資家/ジャーナリスト)

シカゴの大学へ留学し会計学専攻。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。
フルーツギフトのビジネスに乗り出し「肥後庵」を代表。
ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。
資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。
英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!