人身売買を生む格差を縮小するには「良い資金の流れ」が不可欠

こうした取り組みが普及すると、貧しい家庭であっても暮らしの水準を社会平均まで上げ、教育や就業の機会を得ることができます。事業者にとっても、新たな顧客層を得て、利益を上げる機会が生まれます。まさに良い資金の流れを生み出すビジネスが、「みんなが豊かに暮らせる社会」をつくるのです。

経済成長から貧困削減、格差の縮小へ

「経済成長が人々の所得を増加させ、貧困削減に貢献する」という認識は現在、一般的な考え方となり、多くの開発支援などが実施されてきました。一方、カンボジアなどの東南アジア地域においては、目覚ましい経済成長があったものの、当初想定していたほどには貧困の削減には至っていないことが問題視されています。

このことから、近年、格差是正に対する問題意識が高まっています。最近の経済学上の研究では、経済成長により生じた格差が、さらなる経済成長や貧困削減の可能性を損なっていることが明らかになりました。所得格差が教育格差を生み、その教育格差が低所得者層から中所得者層へ移行する社会的移動を妨げてしまいます。これにより、人材の技能開発の機会が失われ、さらなる経済成長や貧困削減がなされにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。

この悪循環を断ち切るためにも、格差を縮小するための良い資金の流れをつくることが必要不可欠です。そして、そのためには、国際機関や国、地域はもちろんのこと、民間からの「社会とお金を育てる投資」を広めていくことが期待されます。「急がば回れ」と古くからいわれますが、少しずつであっても地道に歩を進めていくことが大切です。

以上、貸付型クラウドファンディングを通じて投資家の皆様の資産形成と世界の成長をつなぐクラウドクレジットでした。

クラウドクレジット

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
クラウドクレジット

クラウドクレジット株式会社は「日本の個人投資家と世界の信用市場をつなぐ」をコーポレートミッションとして掲げ、多くの国の資金需要者と日本の個人投資家を繋ぐ金融サービスを「貸付型クラウドファンディング」の形態で行っています。世界のローンに分散投資ができるという新しい投資機会等を提供する商品に共感をいただき、累計出資金額約372億円、運用残高約150億円、ユーザー登録数約5万1千人(2021年6月14日時点)と、着実に成長を続けています。