ダイキン工業が再び上場来高値を更新! 日経平均株価は3日ぶり小反発

【東京株式市場】 2020年7月20日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり小反発、連日で2兆円割れの厳しい薄商い

2020年7月20日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,717円(+21円、+0.1%) 3日ぶり小反発
  • TOPIX 1,577.0(+3.1、+0.2%) 3日ぶり小幅反発
  • 東証マザーズ株価指数 987.7(+2.7、+0.3%) 3日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,320、値下がり銘柄数:771、変わらず:80
  • 値上がり業種数:16、値下がり業種数:17
  • 年初来高値更新銘柄数:48、年初来安値更新銘柄数:5

東証1部の出来高は9億1,893万株、売買代金は1兆6,776億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。

新型コロナへの懸念が残る中、目立った材料に欠けるため、通常の週初よりも様子見スタンスが強まりました。出来高は連日で10億株を下回り、売買代金も連日の2兆円割れとなる厳しい薄商いとなっています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は方向感に乏しい値動きとなりましたが、最後はわずかに上昇して3日ぶりの反発で引けました。取引時間中の高値は22,788円(+92円)、安値は22,580円(▲116円)となり、値幅(高値と安値の差)は約208円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの小幅反発となりました。

東証マザーズ株価指数は3日ぶり小幅反発、売買代金は66日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億822万株、売買代金は1,545億円となり、いずれも先週末より減少しました。個人投資家の物色意欲が急減したわけではありませんが、新興市場でも連日の模様眺めムードとなりました。売買代金は66日連続で1,000億円を上回りましたが、2,000億円を大きく下回る水準に止まったようです。

なお、一部主力銘柄に買戻しが入ったことで株価指数は小幅反発となりましたが、終値で1,000ポイント回復はなりませんでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。