部下が見た「嫌われる上司」3つのタイプ。その理由を若手社員に聞いてみた

「この上司は苦手」という経験をしたことはありませんか? 苦手な上司との仕事は、苦痛だったり、やる気をなくしたり…。では、どんな上司が敬遠されるのでしょうか。20代の会社員7人に、嫌われる上司の行動について聞いてみました。

1. フォローをしてくれない上司

上司の仕事を定義するのは難しいことですが、部下のフォローは上司の仕事ではないかと考える人も多いようです。

IT企業で働くAさんは「プロジェクトに思わぬ穴が見つかり、リカバリーのために進捗が遅れてしまった。その状況をちゃんと説明してあったにもかかわらず、経営陣がいる会議で他部署の役員からプロジェクトメンバーが攻撃されているときに何のフォローもしてくれなかった。何のために説明したんだろうと、ガッカリしてしまった」と嘆きます。

続きを読む

時間をかけた説明が活かされず、部下をかばおうとする態度が見られなかったのがショックだったそうですが、このような話は他にも転がっているようです。

Web系メディアの仕事をしているBさんも、同じようなことで悩んでいると言います。「上司と一緒に企画を考えていて、上司も『それいいね!絶対やろう!』と大賛成してくれていたのに、会議である部長にちょっとツッコまれただけでダンマリを決め込んでいた。私が必死で説明や反論をしても何の助け舟も出さず、さらにもう一人別の部長がツッコんできたらすぐに『Bさん、コレはちょっと考え直そう』って態度を翻してしまった」と話します。

これもフォローを期待して事前に説明していたものの、その期待が外れてガッカリ…というケースですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。