打ち明けてびっくり「夫の貯金」「妻の貯金」その意外な額。数千万円の妻も

「自由に遊びたい」サバ読み夫の貯金は

それでは実際にパートナーに自分の所得や貯蓄額をサバ読んで伝えている人というのはどういった心理からなのでしょう。結婚直前のタイミングで「サバを読もう」と思ったという男性の話です。

「独身時代、仲間とギャンブルを少々していたのですが、彼女だった当時の妻はそれを黙認。しかし、結婚が決まると『籍を入れたらやめてくれるよね?』と圧をかけてきました。確かに家庭を持つというのは多少そういったことも考えなければならないのかもしれませんが、今までの趣味を全部やめろというのは酷な話。そこで咄嗟に思いついたんです。最初から給料を少なく伝えようと。周りも結構そんな人が多いので別に深く考えませんでした」

お給料を少なめに伝えた男性は、毎月そこから趣味の費用を捻出。しかも、足りない月は友人からお金を借りることもあったそうです。

「今のところ貯金額は伝えていません。というか、僕の場合は友人たちに借りているマイナスのお金もあるのですが、そのあたりもまだバレていないです」

妻の立場で聞いたらゾッとする発言ですが、男性本人は「ちょこちょこ返しているし、まだ妻に迷惑をかけるレベルでもないので特に気にしていない」といいます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。