年の差夫婦の年金ってどうなるの?

copy URL

十分な住宅ローンが組めないケース

年上の人と結婚すると問題になりやすいのが住宅ローンです。住宅ローンは定年までに完済することが望ましいため、年齢が高いほど住宅ローンを組める期間が短くなります。高額のローンを組んで短期間で返済しようとすると、毎月の負担が重くなってしまいます。

国民年金の保険料負担が発生するケース

会社員に生計を維持されている配偶者は国民年金の第3号被保険者に該当し、自分で保険料を支払う必要がありません。ところが、配偶者が定年などで会社をやめると、扶養されていた人は国民年金の第1号被保険者に変わり、新たに1カ月あたり1万6,540円(2020年度)の保険料を負担する義務が発生します。

配偶者の介護が発生したらor先立たれたら?

配偶者との間に大きな年の差がある場合、相手を介護する状況になる可能性も決して低くありません。また、相手が先に亡くなってしまうケースも想定されます。介護生活に突入したり、”おひとりさま”で長い老後を過ごす事態になったりしても困らないように、若いうちからできる準備をしておくことが大切です。

参考

(※1)「平成30年度(2018年度)厚生年金保険・国民年金事業年報 結果の概要(8ページ目)」厚生労働省
「令和2年度の年金額改定についてお知らせします」厚生労働省
「定年後のお金事情、老後の生活費はいくら必要か?」LIMO
「加給年金額と振替加算」日本年金機構
「65 歳より後に老齢基礎年金を受給できるようになった場合の振替加算の取扱いについて」日本年金機構

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。