NECと富士通が揃って年初来高値を更新! 日経平均株価は3日ぶり反発

【東京株式市場】 2020年6月26日

また、ハイテク株ではNTT(9432)との資本提携を正式発表したNEC(6701)が大幅続伸で年初来高値を更新し、富士通(6702)もNTTとの資本提携に加わるのではないかという思惑から一時+6%超高へ急騰しています。

その他では、在宅テレワークの定着によるデスク等の家具買い替え需要期待からニトリホールディングス(9843)も引き続き買われ、3日連続で上場来高値更新となったのが目を引きました。

一方、リストラと業績予想取り下げで前日に一時暴落したエイチ・アイ・エス(9603)が、新卒採用活動中止が報じられて一時▲8%安に迫る連日の急落となりました。

また、懸念されていた本家米国のディズニーランドの再開延期が発表されたことを受け、オリエンタルランド(4661)も続落となりましたが、下げ幅は限定的に止まっています。

その他では、前日に一時爆騰したオリンパス(7733)が反落したことが目立ちました。

新興市場(東証マザーズ)では、医療バイオ株への物色が続き、アンジェス(4563)が再び年初来高値を更新し、前日にストップ高だった窪田製薬ホールディングス(4596)も年初来高値更新となりました。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。