「家計が激変したら」小中学校の”就学援助制度”でもらえるお金って知ってる?

小・中学生にかかる「学習費」はどれくらい?

まず、義務教育期間の子どもの「学習」に必要なお金はどれくらいなのかみていきましょう。

文部科学省の「子供の学習費調査(平成30年(2018年)度)」によると、保護者が支出した、子ども1人あたりの1年間の学習費は以下の通りです。

公立小学校
学習費総額 32万1281円
内訳

  • 学校教育費 6万3102円
  • 学校給食費 4万3728円
  • 学校外活動費 21万4451円

公立中学校
学習費総額 48万8397円
内訳

  • 学校教育費 13万8961円
  • 学校給食費 4万2945円
  • 学校外活動費 30万6491円

総額に占める割合が大きい「学校外活動費」は、塾・習い事・家庭内学習(通信教育や家庭教師等)などへの出費をさします(※各費用項目の定義)。

とはいえ、「学校教育費」「学校給食費」だけに着目しても、意外にかかると感じた人も多いのではないでしょうか。次はで、次は「就学援助」の制度概要をみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

早稲田大学第一文学部史学科卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲の経験を積みフリーランスに。
尊敬する人物は伊能忠敬・羽生善治。