お金を貯めたい人が「やってはいけない」4つの習慣

「〇月までに△円貯めたい!」と自分なりに目標金額を定め、貯金に取り組んでいる方は多いのではないでしょうか。目標に向けて毎日コツコツと貯金していくことは大切ですが、同時に日常生活の中の無駄な出費を見直していくことも重要です。

そこで本記事では、お金を貯めたい人がやってはいけない4つの習慣についてご紹介していきましょう。

① 「限定」モノに飛びついてしまう

1つ目は、「限定」モノに飛びついてしまうことです。「本日限定」や「女性限定」、「クレジットカード決済限定」など、身の回りの「限定」というワードに弱いという方は、案外多いかもしれませんね。

続きを読む
  • 今買わなかったら、もう二度と買えないと思ってしまう(買わなかったことを後悔したくない)
  • 記念になるから(例:地域限定)
  • 新鮮味や特別感を味わいたい

このように、思わず限定モノに飛びついてしまう方は、その商品に希少価値を感じたり、手に入れたときのワクワク感がクセになっていたりという傾向があります。しかし、こういった行動が恒常化してしまうと、いつまで経ってもお金が溜まりにくいという状況に陥ってしまいかねません。

「限定」に惹かれて購入する前には、「本当に必要かな?」「仮に、限定じゃなくても欲しいものだろうか?」というように、一度冷静に考えるように意識してみましょう。

② 頻繁に自分へのご褒美やお土産を買う

2つ目は、何かと理由をつけては頻繁に自分へのご褒美やお土産を購入することです。「1週間がんばったから!」「給料日だから!」「せっかくこんな遠い場所まで来たから!」と、自分へのご褒美やお土産を買いすぎてはいませんか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。