「貯蓄1,000万円」と「貯蓄100万円」世帯、生活費はどれくらい違う?

貯蓄「100万円」と「1,000万円」世帯の生活費ってどれくらい?

ここでは貯蓄現在高階級別に消費支出をみていきます。全体の平均消費支出は29万3,000円となっています。

貯蓄「100万円」と「1,000万円」世帯の消費支出

100~200万円:25万5,000円
1,000~1,200万円:29万6,000円
平均:29万3,000円

貯蓄「100~200万円」と「1,000~1,200万円」の消費支出は4万円ほど違います。そこまで大きな差とはいえないかもしれません。年間で考えると50万円ほどの差となりますが、貯蓄差ほどの大きな違いはないように感じます。また「1,000~1,200万円」の消費支出は、平均値と比べると3,000円多いだけです。以下では、消費支出について詳しくみていきましょう。

貯蓄「100万円」と「1,000万円」世帯の食費はどれくらい?

月の支出で多くを占める食費ですが、貯蓄「100~200万円」と「1,000~1,200万円」の食費はどれくらいなのでしょうか。

貯蓄「100万円」と「1,000万円」世帯の食費

100~200万円:6万9,000円
1,000~1,200万円:7万7,000円
平均:7万5,000円

ここでも貯蓄「100~200万円」世帯は全体の平均よりも少なく、7万円以下となっています。貯蓄「1,000~1,200万円」の世帯は7万円以上ですが、全体の平均値よりも2,000円ほど多いだけとなっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。