今の50代には「定年退職」「教育費」「介護費用」が一気に押し寄せる!

退職目前50代の資産形成

今回は50代の特徴の一つと考えている「トリレンマ」についてまとめます。

長寿化・晩婚化の影響を受けて、子どもの教育費、自身の退職、親の介護の大きな支出が一時期に重なる世代を「トリレンマ世代」(造語)と称して、2010年代前半から警鐘を鳴らしてきました(弊著『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書、2014年) をご参照ください)。

それから10年弱が経過して、この「トリレンマ世代」が50代になっています。

続きを読む

教育費、老後資金、介護費用が一度に圧し掛かるトリレンマ世代

「トリレンマ世代」の特徴は、自身が60歳の退職年齢を迎えた頃に、子どもはまだ大学生で最も教育費のかかる時代になっていて、しかも親の年齢は80代後半で介護の必要性が高い時期に差し掛かっているという点でしょう。

厚生労働省の人口動態統計月報年計の「出生数の年次推移、母の年齢(5歳階級)別」によると、母親が35歳以上の新生児の比率が20%を超えたのが2008年でした。これは新生児の5人に1人の母親が35歳以上ということになります。

夫婦の年齢差を考えると、父親は37-38歳で、そのころの人たちは現在50代になっています。当初は40代の一つの特徴と呼んできましたが、時間の経過とともにこれが50代の特徴の一つといえるようになってきたわけです。

ちなみに、それ以降、この比率は毎年上昇を続けており、直近データの2018年には28.7%にまで高まりました。今や新生児の約3割の母親の年齢が35歳以上ということになります。

年間の出生数が100万人前後ですから、対象となる世帯数は毎年22〜28万世帯です。直近の10年間だけでも累計で200万世帯を超えていることになります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照