牛丼の吉野家HD、コロナ禍でも既存店売上高は対前年同月比90%台維持が続く(2020年5月)

注目小売店月次実績シリーズ

シリーズでお伝えしている「注目小売店月次実績」。今回は牛丼チェーン店「吉野家」他を運営する吉野家HD(9861)の、2020年5月の月次動向及び過去実績、また過去1年の株価動向について振り返ってみましょう。

直近の月次実績

2020年6月に更新された吉野家HDの2020年5月既存店売上高は、対前年同月比92.7%のマイナス成長。内訳は客数90.8%、客単価102.1%であり、客単価はプラスながら客数のマイナスをカバーすることはできませんでした。

続きを読む

また全店売上高も94.0%で、既存店同様のマイナス成長となりました。

今期の既存店売上高の振り返り

では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は2月決算)。

前期の既存店売上高は特殊要因のあった2月を除き、11カ月全ての月でプラス成長が続きました。その後、3月以降は新型コロナウイルス問題の本格化を受け、3月98.2%、4月96.0%、5月92.7%となり徐々にマイナス幅が拡大。しかし対前年同月比90%台を維持しています。

一方で全店売上高は前期全ての月でプラス成長を達成。3月は100.0%とマイナス転落を防ぎましたが、4月97.6%、5月94.0%と既存店同様に、90%台ながらマイナス成長が続いています。

過去1年の株価動向

最後に同社の株価動向を見ていきましょう。

同社の株価は2018年から1,600円台で底値を形成し、2019年5月から上昇を開始しています。そして2020年1月に3,050円の高値に到達しました。

しかし3,050円が天井となり、2月後半以降の株式市場全体の下落もあり、3月には安値1,709円まで下落しました。その後はWボトムパターンを形成して、4月の安値1,829円を付けた後に反発しており、現在は2,400-2,500円付近での取引が続いています。

新型コロナウイルス問題の影響が本格化した結果、3月以降マイナス成長が続いています。しかし既存店・全店ともに、売上高は対前年同月比90%台を維持しています。全国的に緊急事態宣言が解除された6月にはプラス成長に転じるか、注目されます。

吉野家ホールディングスの過去1年の株価推移

拡大する

参考資料:吉野家月次推移(2020年度)

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。