1億円超の薬が保険適用に!どうしてこんなに高額なの?

当たり前に医療を受けられることに感謝しよう

2020年度の対象患者は25人が想定され、販売額としては42億円が見込まれています。

日本一高い薬で1億円以上しようが、日本では高額療養費制度により支払額には上限があり、望むならば誰でも使用できます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、医療崩壊が囁かれたことで、当たり前に医療を受けられていたことを噛みしめた人も少なくないのではないでしょうか。

もし機会があれば、自分が病院に行った時に領収書をじっくり見てみてください。普段の3割負担でも、元の値段を見ると「この治療にこんなにもお金がかかっていたんだ」とびっくりするかもしれませんよ。

参考

「再生医療等製品の保険償還価格の算定について」厚生労働省

村松 拓

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 村松 拓
  • 看護師/個人家庭教師/フリーライター

大病院の看護師を経て、フリーライターをしながら時々個人家庭教師や老人ホームなどの介護施設で看護師として活動。看護師、講師の経験からデータなど根拠のある記事が得意で、感染症看護や老年期の看護・介護、教育系が得意ジャンル。