定年後のお金事情、みんな退職金はいくらもらっているの?

Ermolaev Alexander/Shutterstock.com

定年の65歳延長や年金の繰下げ受給など、定年後のお金にまつわる話題は枚挙に暇がありません。いつの時代も我々の関心が集まる話題と言えるでしょう。

定年後の生活のため、自分がどれくらいお金をもらえるか、退職金はいくらもらえるのか、気になるところです。そこで今回は、定年後にもらえる退職金について調べてみました。

定年後にもらえる退職金の平均はいくら

退職金制度は大きく2種類の制度に分けられます。

退職一時金制度

続きを読む

退職時に一括で退職金を支給する制度。支給が一回のみで以降は基本的に支給されません。

退職年金制度

年金制度を活用して一定期間、あるいは生涯に渡って給付を行う退職年金制度。

厚生労働省が公表している「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」によると、退職一時金制度のみがある企業は73.3%、退職年金制度のみの企業が8.6%、両制度併用している企業が18.1%となっています。退職一時金制度か年金制度か、どちらか一方のみ採用している企業もありますし、大企業などでは両方を支給しているという企業も存在します。

そして、各企業がどの制度を導入しているかによって、退職金の額が異なります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。