除菌特需が続く小林製薬が上場来高値更新! 日経平均株価は反落

【東京株式市場】 2020年4月24日

その他では、輸送関連株も売りに押され、日本航空(9201)とANAホールディングス(9202)が揃って大幅下落となり、東日本旅客鉄道(9020)や東海旅客鉄道(9022)などJR株も軒並み安く推移しています。

なお、4月25日は、15年前に西日本旅客鉄道(9021)がJR福知山線脱線事故を起こした日です。改めて亡くなられた多数の方々のご冥福をお祈りし、JRを始めとする輸送関連業各社に安全運転の徹底をお願いしたいと思います。

一方、前日に決算発表を行ったオムロン(6645)は通期予想を「未定」としたものの、買戻しが進み+8%高に迫る急騰となりました。

また、医薬品株も総じて堅調に推移し、中外製薬(4519)が大きく値を上げ、除菌関連商品の特需を背景に株価上昇が続く小林製薬(4967)は上場来高値を更新しています。

新興市場(東証マザーズ)では、前日に続き医療バイオ関連株の一角が物色され、アンジェス(4563)は連日の年初来高値更新となりました。

小林製薬の過去3カ月の株価推移

拡大する

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。