3日でできる!節約と貯蓄でコロナショックを乗り切る完全チェックリスト

節約は固定費と変動費で切り分ける

lassedesignen/Shutterstock.com

世界的で猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症は依然として日本でも完全に終息する気配はありません。リモートワークや就業自粛を行っている企業も日々増えています。また、緊急の経済対策として、紆余曲折の末、政府が全国民に一律10万円の現金給付方針も示しました。しかし、緊急事態宣言中に、毎月国民に給付され続けるというわけもありません。

コツコツ節約で貯蓄のスタンス

短期貯蓄として株や投資信託、為替取引などで運用しても誰しもが早々にそして簡単に増やせる訳ではありません。では、何が一番短期貯蓄に適しているのでしょうか。

続きを読む

それは意外にもコツコツ節約し貯蓄することなのです。

効率良くコツコツ貯蓄を行うには、まず家計を見直す必要があります。貯蓄を切り崩す前に、家計の可視化、「みえる化」し、緊急時に貯蓄を切り崩さなくても乗り越えられる様にしたいところです。

各項目は3日もあればチェックすることができます。在宅勤務の方も多いかと思うので、これを機に家計の体質と体力を把握しておきましょう。

短期で余剰金を生み出すための家計見直しステップ

では、まずはじめに家計を見直すにあたっての4つのステップを見ていきます。

ここでのポイントは家計を固定費と変動費の2つに分けるところからスタートします。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
渡辺まり子

ファイナンシャルアドバイザー/くらしと節約のコラムニスト

長年、全国の法人や個人向けに外資系保険会社商品の提案と販売を行う。2013年より一部上場IT企業の企画管理部にて経理業務や事業開発担当。その後、予実管理部へ異動し、月次・年次予算作成や実績管理に従事。現在は過去の経験を活かし、資産運用をはじめとするお金に関わるコンサル業に従事。プライベートでは親の介護と3人の子育てと奮闘中。