東証マザーズ指数は小幅反発、直近IPOのAWSHDはストップ高に

【新興株ハイライト】2016年6月23日

新興株市場の振り返りーマザーズ指数は上昇もTOPIXにはアンダーパフォーム

2016年6月23日の新興株市場は、JASDAQ指数が対前日比+0.1%上昇、東証マザーズ指数が同+0.7%上昇となりました。TOPIXは+1.1%の上昇でしたので、昨日に続き本日もマザーズ指数はTOPIXに対してアンダーパフォームしたことになります。

マザーズ市場の出来高は6,154万株、売買代金は1,156億円で、前日比では出来高、売買代金ともに減少しました。「閑散に売りなし」であったことが伺えます。値上がり銘柄数は117、値下がり銘柄数は104、変わらずは7銘柄でした。

続きを読む


マザーズ御三家は揃って上昇

マザーズ時価総額トップ3は、そーせいグループ(4565)が前日比+0.1%上昇、CYBERDYNE(7779)が同+1.5%上昇、ミクシィ(2121)が同+2.0%上昇でした。

マザーズでの売買代金上位3銘柄は、そーせいグループ、ブランジスタ(6176)、バーチャレクス・コンサルティング(6193)でした。

マザーズの上昇率トップはソフト開発で上場3日目のAWSホールディングス(3937)で同+20%上昇、2位がアサイ―などブラジルのフルーツ飲料を主力とするフルッタフルッタ(2586)で同+16%上昇、3位が創薬ベンチャーのナノキャリア(4571)で同+15%上昇となり、3社ともストップ高買い気配で引けています。

一方、下落率トップは、法人システムコンサルのメディアシーク(4824)で同▲11%下落、2位は産直野菜を販売する農業総合研究所(3541)で同▲10%下落、3位がM&A仲介業で上場3日目のストライク(6196)で同▲8%下落でした。

6月24日の着眼点

2016年6月23日にマザーズ市場へ新規上場したバーチャレクス・コンサルティングは、公開価格1,090円を13%上回る1,235円で初値を付け、終値は初値をやや下回る1,200円で引けており、波乱なき出だしでした。23日金曜日のIPOの予定はありあませんが、来週6月29日はいよいよコメダホールディングスが上場予定です。来月予定されているLINEの上場が順調に進むかを見通すうえでも、引き続き、直近IPO銘柄各社の上場後の株価推移に注目したいと思います。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。