米雇用情勢悪化でNYダウ大幅安。日本株も週初から連れ安の展開か

【日経平均株価】テクニカル分析 2019年4月5日

日経平均は5日ぶりに反発するが上げ幅はわずか

2020年4月3日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より1円47銭高の17,820円19銭となりました。5日ぶりの反発ですが、上げ幅はわずかでした。

前日にトランプ米大統領がサウジアラビアとロシアの原油減産合意を示唆したと伝えられたことから、原油高・米株高となりました。これに連れて日本株も手堅い動きでした。

ただし、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることや、同日夜に3月の米雇用統計の発表を控えていたことから、投資家は様子見姿勢となりました。

続きを読む

今週の展開はどうなるでしょうか。

注目された3月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月比70万1000人の減少となりました。減少は10年9月以来、9年半ぶりです。

市場予想(14万人)よりもはるかに悪い数値の発表を受けて投資家の間に米景気への懸念が広がり、幅広い銘柄が売られました。3日のダウ工業株30種平均は前日比で360ドル以上下げており、日本株も週初から連れ安になる可能性もあります。

米国では4日、新型コロナウイルスの感染者数が30万人を超え、死者も8000人に達しています。人口密度が高いニューヨーク州などで急増が目立っています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。