地方シニアのキャッシュレス派と現金派、どちらが多い? それぞれの言い分とは

2019年10月からの消費税増税に伴い、政府はキャッシュレス化を積極的に促しており、利用者にはポイント還元を行う施策を行っています。

クレジットカードやスマホ決済など、キャッシュレス決済の利用者は大都市の若者が中心だと思われがちですが、地方のシニア層にはどのくらい浸透しているのでしょうか。キャッシュレス派・現金派それぞれの意見も紹介します。

地方シニアの6割超が「現金よりもキャッシュレス派」

今年2月、株式会社ジェイエムエス(JCB・三菱UFJニコス・UCカード出資により設立されたクレジットカード決済代行会社)では、関東以外に在住し、キャッシュレス決済の利用経験がある60歳以上の男女109人を対象とした「キャッシュレス・現金の利用実態に関するアンケート調査」を実施しています。

続きを読む

それによると、「現金に関して困った経験や不満がありますか?」という質問に対して、「ある」が67.9%を占め、その理由として最も多かったのは「必要なときに手持ちがないことがある:67.6%」。そして「(現金の)引き出し手数料がもったいない:59.5%」という回答が続きます。

また、「キャッシュレスと現金、あなたはどちら派ですか?」の質問では、「絶対キャッシュレス派!」「どちらかといえばキャッシュレス派!」の合計で61.5%という結果になりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。