その洋服代、ムダにしてない? 「失敗した…」を防ぐ4つの買い方

昨年10月に消費税率が10%に引き上げられましたが、増税を機に節約を始めたという方もいるのではないでしょうか。

日本FP協会の「働く女性のくらしとお金に関する調査2020」によると、消費税引き上げ以降に節約するようになった費用として、全体の17.4%の方が「美容・被服費(洋服代)」と回答しています。

一方で、SMBCコンシューマーファイナンスによる「20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020」では、「自分磨き(美容やファッションなど外見磨き)にお金をかけたい」と思う人の割合は、20代53.2%、30代50.4%、40代43.8%となっており、若い年代ほど自分磨きへの意欲が高いことがわかっています。

続きを読む

「美容やファッションも楽しみたいけど、節約もしなければならない」というような葛藤が、見え隠れするような結果ですね。そこで本記事では、美容・被服費のうち被服費(洋服代)に焦点を当てて、お金を無駄にしない上手な洋服の買い方をご紹介していきます。

スマホを活用し、どんな洋服を持っているのかを把握する

1つ目は、自分がどんな洋服を持っているのかをきちんと把握しておくことです。誰もが1度は「また同じような服を買ってしまった…」という経験があるかと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。