桜の開花は記録更新の早さ。今年の「お花見」どう変わる?東京都が宴会自粛要請

3月5日に日本気象協会は2020年の桜開花予想を発表しました。東京や名古屋、岐阜で3月15日に開花し、桜前線がスタートする予想です。これまでの観測で最も早い記録を更新する地域もありそうですね。

今から桜が咲くのが楽しみの中、東京都が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止のため、お花見の宴会自粛の要請を呼びかけました。外出を控える動きが見られますが、こんなときにお花見は不謹慎なのでしょうか。それとも過剰すぎる反応でしょうか。

続きを読む

今回は、株式会社エアトリが20代~70代の男女967名を対象に行った「お花見」に関する調査を見ていきましょう。

新型コロナウイルス感染症の影響で過半数が外出を控えている

毎年お花見をしている人は34.4%、する年としない年がある人は44.8%と割合が大きく、お花見はずいぶん慣れ親しまれた行事であることが伺えます。

今年もお花見を楽しみにしていた人がいるでしょう。しかし、現在新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、外出を控える動きも見られます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大阪市立大学経済学部卒。大学在学中に人材コンサル会社にて大学生へのキャリア支援や企業の採用活動をサポートする営業事務として勤務。大学卒業後にIT会社にてシステムエンジニアとして勤務したのち、フリーライターとして独立。大学生と企業の両面から採用活動に携わった経験を活かしてビジネス関連を中心に幅広いジャンルで執筆活動中。京都の田舎でゆるりと自分らしい生活を大切に。Twitter:https://twitter.com/k_k_kanana