「整形に50万円」の自己投資はアリ! それは「若々しさも資産」だから

「整形費用50万円は自己投資としてアリ?」「自分が勤める会社の株を買うのは投資としてどう?」など、お金の使い方に関する疑問に、証券アナリストで資産づくりのアドバイスもする垣屋美智子さんがズバリ答えました。

※本稿は、有料メルマガ『垣屋美智子のキイトク』(まぐまぐ!)の一部を再編集したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「若々しさも資産」という考え方

続きを読む

Q:整形に50万円かけようと思いますがどう思いますか?

A:ご質問ありがとうございます。この質問がきたのはタイムリーですね。というのは、最近、周囲がにわかに整形ブームなのです。

知り合いが整形したり、整形事業を始めようとする起業家をサポートしたり…。はては、友人でもある金融関連事業経営の社長は、二重まぶたの整形は20分の施術で30万円を取るので、これをベンチマークに事業をやっているとのことでした。

話がそれましたが、整形に50万円、自己投資としてやりたいなら良いと思います。安全性だけはしっかりご確認ください。

もはや整形はアンチエイジングでもあります。昔のように目を二重にするとか鼻を高くするとか、本来の自分でないものに変わるだけではなく、外見を5歳若返らせるほどの話ということも少なくありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
垣屋 美智子

日本生まれ香港育ち。香港で高校を卒業したのち、単身渡米、University of California, Berkeley卒業。
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントでPSP、PS3のビジネスディベロップメントを担当。2006年から2016年まで外資系証券会社、外資系運用会社にて株式アナリストとして、テクノロジー企業の業界調査や業績分析に従事。
その後、株式会社HAMを創業、経営者や中小企業向けにアセットアドバイザリーを行う。現在はスタートアップ企業の財務・経営支援をする他、事業分析力と会計知識を生かし、「誰でも今すぐできる」をテーマにマネー、ライフ、キャリアについて執筆、講演活動も行なっている。
主な著書:『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり』(時事通信社)
メルマガ:垣屋美智子の「キイトク」
インスタグラム:https://www.instagram.com/michikokakiya/
ツイッター:https://twitter.com/michikokakiya