「お友達価格で…」に甘えてはダメ?!「スキルを持ったママ友」と上手く付き合うコツ

女性の社会進出により、結婚後も特技を活かして活躍するママが増えてきています。ピアノの先生やダンスの先生、イラストレーターやお裁縫上手なママたち。仲良しならついついその恩恵にあずかりたいと思ってしまいますよね。しかし、相手のそのスキルは「タダ」ではありません。それでは「本当の友達」はどのような頼み方をすればよいのでしょうか。

ママたちはいろんなスペシャリスト

筆者のまわりのママだけでもさまざまなスペシャリストが存在します。書道や英語、スイミングの先生、美容師さんにイラストレーター、お裁縫でお仕事を請け負うママ。最近ではプログラミングができるママまでおり、ちょっとした困ったことはママ友に聞けば解決できてしまうほど。

続きを読む

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。