42歳の高齢出産は総額100万円のゴージャス出産「その後の現実」

高齢出産といえば、最近話題なのは滝川クリステルさんです。最近さして珍しくもなくなりつつ高齢出産ですが、実態はどうなのでしょうか?筆者の知人、Aさんのケースをお伝えします。

出産費用100万円也!のゴージャス出産の気になる「内訳」

42歳で初産のAさんは、仕事でキャリアを積んでいるので経済的に比較的余裕があり、出産にかける費用も惜しみませんでした。Aさんは、高齢出産で産むことによる体力と気力の消耗リスクを減らして体力温存するために、無痛分娩を選択しました。無痛分娩は、保険が適応されないので分娩費用にプラスでその費用がかかります。また、高齢出産のリスクを考えて何があってもいいようにグレードの高い総合病院を選びました。無痛分娩+グレード高めな総合病院での出産で約100万円掛かったそうです。筆者の目には「余裕の出産」に見えました。

続きを読む

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママライター。
受験や塾などの教育から、育児や老後の問題まで、またそれにまつわるお金についてを専門に執筆しています。
「困った!をやっつける」「中学生でも分かる文章」をモットーに、世間のママが困らない書き方を心がけています。

好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中


運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE