セカンドカーにピッタリ!200万円以下で購入できる「国産中古スポーツカー」8選

スポーツカーに乗りたいけれど、家庭の事情でなかなか買えない・・・

そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

スポーツカーはコンパクトな車が多いので、人数が乗れないのが大きなネック。
家族が多かったり子供が小さかったりするとなかなか手が出せない車でもありますよね。

国産スポーツカーは、年数がある程度経過している個体であれば比較的安価で買えるものもありますから、セカンドカーとして購入すれば家族からのバッシングも少ないかと思います。

続きを読む

そこで今回は、時間が空くと中古車サイト「カーセンサー」をよく見ている筆者がオススメする、200万円以下という比較的手を出しやすい価格帯で、かつ排気量が2,000cc以下で自動車税が安価に抑えられる中古スポーツカーを国産に絞って8車種ご紹介していきます
(LIMO記事上では車名をクリックすると、「カーセンサー」の同車種ページへジャンプします)

トヨタ「アルテッツァ」

ぱっと見はちょっぴりスポーティに見える4ドアセダンのアルテッツァ。
実は、「ハチロク」の愛称でも有名なスプリンタートレノやカローラレビンの現代版として当時は発売されていました

2,000ccですがハイパワーなエンジンを搭載していて、かつマニュアルミッションもラインアップされているアルテッツァはコンパクトな車体ですが5人乗りなので、ファーストカーとしても活躍できる車です。

トヨタ「セリカ」

セリカは初代モデルが1970年デビューという非常に歴史の長い車です。50代くらいの方々にもなじみ深いのではないでしょうか。

中古車市場では最終型とその1個前のモデル(200系)も数多く流通しています。

200系では4WDターボの「GT Four」はラリーカーにもなったモデルですが、200万円を超える個体も存在します。FFのNA仕様もスポーティな走りをすることができますし、ターボほどエンジンに負荷がかかっていないモデルも多いためオススメです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職であるFP関連の出版社に転職。
自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。
現職では金融業界に勤務する行職員向けの研修やセミナーの運営をメインに行っている。自身もFP資格を保有。
記事で扱うテーマは自動車関連を中心に取り扱う。