「悪気はないのに…」夫が妻を不機嫌にしてしまうフレーズ3選

妻のリクエストに応えるようにする

そこで、お互いの「してほしい・してほしくないこと」「できる・できないこと」を共有してみてはいかがでしょうか。勝手に行動してしまうのではなく、妻のリクエストに応えるようにしてみるのです。

「なにかしてほしいことはない?」と聞けば、夫が協力しようとする姿勢にも気づいてくれるでしょう。

家事の分担をする

とはいっても、家事の基本や注意点をすべて把握するのは大変です。そのため、いっそのこと自分の担当を決めてしまうのもいいですね。

分からない部分は妻に確認し、お互いがスムーズにやりとりできるよう心掛けておきましょう。

まとめ

ちょっとした言葉や行動によって妻を不機嫌にさせてしまい、困惑している夫は少なくないようです。それでも無理にフォローし続けると、余計に相手をイライラさせてしまうかもしれません。

「この方法は間違っている」と気が付いたら、一旦立ち止まって状況を整理してみましょう。ときには2人で「相手が忙しいときはどう支えたらいいか」などを話し合い、夫婦のルールを決めるのもおすすめですよ。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。