ひきこもりの子どもを支える親のお金事情…年金だけで支援、限界も

厚生労働省『厚生年金保険・国民年金事業年報』(2017年)によれば、厚生年金(第1号)の平均年金月額は、男性平均が16万5668円、女性平均が10万3026円となっています。一方の国民年金は、男性平均が5万5923円、女性平均が5万200円

夫が民間企業に勤務、妻は専業主婦という夫婦の年金額をざっくり平均値で考えた場合、世帯収入は、16万5668円+5万200円=21万5868円となります。

また、一方で、2019年9月に生命保険文化センターが公開した『令和元年度「生活保障に関する調査(速報版)』によれば、「老後の最低日常生活費」の平均額は22.1万円。その一方、「老後のゆとりのための上乗せ額」の平均額は14.0万円と示されています。

しかし、これはあくまで夫婦2人で生活する場合の話。年金受給者である高齢者が、ひきこもっている子どもの生活をも支えるとなると、そのぶんは、自分たちの老後資金から…ということは容易に想像がつきます。

親に万が一のことがあった場合は、生活保護?

「8050問題」を考える時、「親に万が一のことがあれば、残された子どもの生活は生活保護頼みになる。ひきこもりの人が増えると、生活保護のシステムが破綻してしまうのでは?」という意見を耳にすることがあります。では、こういった家庭の生計者に万が一のことがあった場合、ひきこもりの人は即生活保護対象者となってしまうのでしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。