1度「ケチな人」認定されると抜け出せない?みんなの節約失敗談

・「結婚式の費用をできるだけ抑えようと、お車代の金額を少しだけ抑えました。すると、あとになって一部の参加者が『お車代があれだけとは思わなかった』『相場を知らないのかしら』と不満をもらしていたようで…。その後、その人たちとの関係もギクシャクしてしまいました。抑えられた金額より、失ったもののほうが大きいです」

・「居酒屋で女子会をしたとき、ちょうど金欠の時期だったので『私はデザートを我慢しよっと』『飲み放題は高いからやめとこうよ』などと言ってしまったことがあります。それ以降、そのグループの飲み会に全く誘われなくなりました。さりげなく理由を聞くと、『あなたがいると金銭面を気にしないといけないから…』とのこと。どうやら、友人たちにケチな人だと思われてしまったようです」

・「友人の自宅に数名でお邪魔したとき、『気を使わなくていいからね』という言葉を鵜呑みにして手ぶらで行ったことがあります。ところが、私以外の人はしっかり洋菓子や紅茶などを持参していました。そして、私がお手洗いに行っている間に友人たちが『〇〇ちゃん、手ぶらだったね…』『ちょっとびっくりしちゃった』とボヤいているのを聞いてしまい、恥ずかしいやら情けないやら…。ほんの少しの出費を削ったことで、常識がない人だと思われてしまいました」

ケチだと思われないための予防策

一度「ケチ」という印象を与えてしまうと、そのイメージを覆すのは容易ではありません。そのため、日ごろから「節約してもいい場面なのか」「相手はどう受け取るのか」を意識しておく必要があります。

では、周囲にケチという印象を与えることなく節約に取り組むには、どのような点に気をつけておけばいいのでしょうか。節約に取り組んでいる人に、その対策を聞いてみました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。