年末こそ「固定費」「習い事」を見直そう!月10万円以上の貯金を達成する「年末の過ごし方」

年末の大きな任務といえば、やっぱり大掃除!でも、綺麗にできるのは家のなかだけではありません。1年の終わりに家計を見直せば、家計の無駄を省いてスッキリさせることもできるのです。

さらには、大掃除の際にでてきた不要なものを、お金に変えて臨時収入にするという手もあります。年末にしておきたい断捨離術を学んで、うまく節約してみましょう!断捨離後に気を付けておきたいポイントも、あわせてお伝えします!

固定費の断捨離

続きを読む

今年の家計簿を見直す際は、見逃しがちな固定費もしっかりチェックしておきましょう。「固定費=決まった出費」というイメージがありますが、これも断捨離できる項目なのです。その実践例をいくつかご紹介しましょう。

・「昨年末、家計簿を見返していると、夫婦のスマホ代が家計を圧迫していることに気が付きました。これまでは手続きが面倒で後回しにしていましたが、年末の長期休暇中に格安スマホへ乗り換えることに!おかげで、今年のスマホ代は去年の半分以下に抑えられました」

・「就職を機に加入した保険を思い切って解約しました。その代わり、夫の会社で団体保険に加入することに。保障内容は少し手厚くなり、保険料は以前より安くなりましたよ」

・「『教育費』として片付けていた習いごと代を見直し、いくつか断捨離をしました。退会の基準は、本人が自ら辞めたいと思っているかどうか。冬休み中だったので、親子でゆっくり話し合うことができました」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。