20代〜60代の年代別で大きな差アリ!? 職場に買っていくお土産の平均金額

場の雰囲気を和ませたり、人間関係を円滑にしたりするお土産。一方で、職場へのお土産を無理に用意する必要はありません。それを上司や先輩から強制されたら、問答無用でパラハラとなります。特別な事情がない限り、職場土産は買わなくても問題ないのです。

ただし、有給を取得して旅行を楽しむとなれば、お土産は用意したいところ。とりわけシフト勤務の職場においては、自分が休んだ分だけ、誰かの負担が増えます。その人達への感謝と労いを込めて、お土産を渡すと喜ばれるはずです。

まとめ

現実的には、職場の風潮や上司のご機嫌取りのためにお土産を買う人が多い様子。特に20代〜30代は、そのあたりに気を遣っているみたいです。職場へのお土産は、無理に買う必要はありません。仮に用意するならば、1,000円〜5000円未満の手頃なものが喜ばれそうですね。

高橋 一磨 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

グルメレポートから社会派記事まで何でもござれの編集者・ライター。企画出し、アポ取り、取材(撮影含む)、執筆、編集まで全て対応。