女性は男性の1.6倍多い!?不仲なシニア夫婦のへそくり事情

・自分の老後のお金に心配がないように貯金している。残されるのは私だから(66 歳)

・過去に配偶者が投資で失敗して全財産を失った。それもあり、夫には内緒で 300 万確保
してある。いざというときの「へそくり」は心強い(61 歳)

女性に関しては、夫の財政管理意識や年金生活への不安、男性よりも長生きする可能性などを視野に入れ、計画的に“へそくり”を貯めている印象です。その金額差は、約1.6倍。万が一に備え、できるだけたくさんのお金を蓄えておきたい女性が多いのでしょう。

“不仲な夫婦”ほどへそくり額が多い?

同調査において、「夫婦仲が悪いほど“へくそり”の金額も大きい」ことがわかりました。「仲良し夫婦」と「不仲夫婦」の男女別へそくり平均額は、以下の通りです。

【仲良し夫婦の平均額】
・男性:308万円
・女性:479万円

【不仲夫婦の平均額】
・男性:472万円
・女性:898万円

注目したいのは、不仲夫婦における女性の平均額。898万円と、1,000万円近くのへそくりを貯めていることに驚きます。なぜここまで、金額差が生じるのか。調査で得られた不仲夫婦のコメントを見ると、その原因が見えてきました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

グルメレポートから社会派記事まで何でもござれの編集者・ライター。

企画出し、アポ取り、取材(撮影含む)、執筆、編集まで全て対応。