退職金は期待できない!「自助」が求められる時代、必要な「お金の知識」とは

2019年に金融庁が発表した「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」。その中で、「老後は年金だけでは生活費が平均で2,000万円足りなくなる」という内容が話題になりました。その後「議題としない」ことを決定し、事実上の撤回となりました。

しかし一連の報道から、自分は大丈夫かな?と不安になった人も少なくないですよね。そこでこの記事では、みんなが老後までにどのくらいお金を貯めているのか、そして、どうやって老後資金を貯めていけば良いのかを紹介していきます。

続きを読む

実際に貯蓄ができるようになるのは40代以降

総務省は2019年5月17日、「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」を発表しました。これによると、2人以上の世帯における貯蓄現在高の平均は1,752万円、負債現在高の平均は558万円となっています。

1,752万円という金額を見ると「そんなに貯めているの?」と焦ってしまうかもしれませんよね。でも、1,752万円はあくまで平均値なので、それを下回る世帯もあります。

調査報告を見ると、その割合は67.7%と約3分の2を占めています。また、100万円未満の世帯も11%という結果になっています。平均値1,752万円を下回る世帯が3分の2を占めるにも関わらず、1,752万円という数値が出たのは、現在の高齢者の貯蓄が平均を押し上げたからです。

具体的な貯蓄額は60代は2,327万円、70歳以上の世帯が2,249万円となり、平均を大きく上回っています。さらに50代も1,778万円で全体の平均値を上回る結果となりました。一方で、世帯主が働き盛り世代の40代未満の場合は貯蓄現在高の平均は600万円、40代でも1,012万円となっています。

負債現在高を見ると、全体の平均値は558万円ですが、40歳未満の世帯が1,248万円と最も多く、貯蓄現在高の平均である600万円の約2倍の負債があることになります。また、40代の負債現在高は1,105万円と貯蓄額を若干下回るレベルです。負債の大半は住宅・土地のローンで、年代が上がるほど負債額は減っていくことがわかります。

貯蓄額が増える理由には退職金も

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。