「うちはよそよりお金がない」と考えるのは早計?平均値による「貯蓄額マウンティング」とは

現在45歳のAさんは、昔から「自分が人と比べてどうなのだろう?」という点がとても気になる人でした。「とびぬけて一番」が好きなわけではありませんが、学生時代の自分の成績、OL時代の自分の業績にしても、「友人や同僚よりも上なのか?」、「平均より上なのか下なのか?」が判断基準。いつも無意識に比較をし、自分の下にたくさんの人がいるとわかると、なんとなく安心するのです。

某中堅企業の管理職をしている1歳年上の夫と結婚した今でもそう。お金に関しては非常に堅実な性質のAさん。専業主婦として家庭を守りつつ、日々貯蓄に励み、現在の貯蓄額は1200万円ありますが、「老後資金2000万円問題」もあり、今とても気になっているのは、この貯蓄額が人と比べて上なのか下なのかということ。しかし、さすがにお金に関することは、友人や知人に聞くことができず、常々、この金額が人と比べてどうなのかを知りたいと思っていました。

続きを読む

ある日のこと。何気なくニュースサイトを見ていたAさんの目に、あるニュースが目に留まります。「1世帯あたりの平均貯蓄現在高は1752万円!」これを見たAさんは驚きます。

「うちより全然多い金額じゃないの。うちってよそよりお金がないの?」

平均値は「貯蓄額マウンティング」の傾向あり?

ここでまず、Aさんが見たというニュースの内容をおさらいしてみましょう。

『2019年5月17日に総務省が発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」では、2人以上世帯の平均貯蓄現在高は1世帯あたり1752万円と示されています。』

このニュースを見るには注意をしなくてはいけない点があります。というのも、これはあくまでも「平均値」であるというところです。つまり、データの中に「貯蓄1億円」といった極端に大きな数字があると、結果も左右されてしまっている可能性があるのです。このため、貯蓄額を考える時には、データを順番に並べたときに、ちょうど真ん中に位置する値の「中央値」がもっとも平均的な数値に近いといわれています。

今回の調査では、中央値は1036万円と示されています。また、貯蓄ゼロ世帯も含めると978万円。先ほどの平均値と比べ、700万円以上も下回る数字ですが、これが平均的な数値であるとするならば、Aさんの貯蓄額は、決して「よそより少ない」というわけではなさそうです。

40代・50代・60代それぞれの貯蓄事情

現在、Aさんは40代。老後2000万円問題も気になっているという彼女のために、金融広報中央委員会(知るぽると)の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)」から40~60代の貯蓄状況もチェックしてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。