「保活ってこんなに大変なの!?」実際に保活に取り組んだママたちの苦労エピソード

「希望している保育園に入園したい」「保育園に預けて働きたい」と考えている家庭は非常に多く、「無事に入園できるだろうか」という不安の声が高まっているのが現状です。とくに激戦区に住んでいる方は、子どもが小さいうちから保活に取り組んでいるケースも珍しくありません。

なかには、「保活がこんなに大変だったなんて…」とヘロヘロになっているママの姿も目にします。では、一体どのような苦労が待っていたのでしょうか。当時の状況や保活を乗り越える工夫を聞いてみました。

続きを読む

まだまだ多い待機児童数

待機児童問題の改善のため、自治体ではさまざまな取り組みが行われています。ところが、未だに多くの課題が残っているようです。

厚生労働省が2019年9月に公表した「保育所等関連状況取りまとめ(平成31年4月1日)及び「子育て安心プラン」集計結果」によると、保育園に関する現状は以下の通りに示されました。

・保育所等利用定員は289万人(前年比8万8千人の増加)
・保育所等を利用する児童の数は268万人(前年比6万5千人の増加)
・待機児童数は16,772人で前年比3,123人の減少

前年に比べ保育の受け皿が拡大しているものの、16,772人もの待機児童が発生しています。「子どもを保育園に預けたい」と考えているママたちが必死に保活をするのも、無理はないのかもしれませんね。

保活の苦労エピソード

では、保活にはどんな苦労が待ち受けているのでしょうか。実際に保活に取り組んだママたちに、当時の状況を振り返ってもらいました。

・「子どもが0歳の頃、翌年の4月からの入園を申し込む『保育所等利用申込受付』に参加しました。開始時刻を少し過ぎて現地に到着したら、まさかの100人待ち…。いつまで経っても呼ばれないわ、子どもは泣き出すわで、もう大変でした」

・「妊娠中から周辺の保育園をチェックし、評判がよく通いやすいところに目星を付けていました。しかし、希望していた保育園にはあっさりと落選。それどころか、第5希望の保育園になんとか入園できた…という結果でした」

・「認可保育園に入れなかったときのことを考え、認可外保育園の申し込みをしようとした時のこと。電話で『申し込みが殺到していて、今すぐには案内できない』と断られてしまいました。この辺りは激戦区だと覚悟はしていたものの、まさかここまでとは…」

・「『子どもが生まれたら保育園のことを考えよう』と思っていたものの、いざ育児が始まったら毎日大忙し。ただでさえ寝不足でフラフラなのに保活なんて…。生まれる前から保活に取り組んでおくべきだったと後悔しました」

第一希望の保育園に入園するためにしたことは?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。