自分の母親にイライラ…これってダメなこと?罪悪感に悩まされる人々の声

人間だれしも、苦手な人の1人や2人いるものですよね。でも、その相手が自分の母親だった…というケースも珍しくないようです。なかには「母親のここが許せない!」という苛立ちと、「親にイライラするなんて…」という罪悪感の板挟みになっている人も。その苦悩と本音を聞いてみました。

罪悪感を抱える人の悩み

腹が立つ原因があるとはいえ、母親に苛立つ自分にモヤモヤを抱える人たち。一体どのような悩みを持っているのでしょうか。

続きを読む

・「『孫の活躍を見たい!』とはりきって運動会に来てくれるのはいいのですが、「場所取り禁止」「立ち入り禁止エリア」といったルールを守らない母親に腹が立ってばかり。せっかくのイベント気分も、もう台無しです。正直、『もう開催日を教えないでおこうかな…』なんて思っている自分もいます」

・「私の子育てに『もっと話しかけてあげなさい』『抱っこ癖がつくわよ』と口を挟む母親にうんざり。一緒にいるだけでストレスがたまるので、会う頻度はできるだけ減らしています。でも、周りから『親と一緒に子ども服を買いに行った』『両親たちと動物園に行った』という話を聞くと、避けるなんてダメなのかな…と複雑な気持ちになりました」

・「わが家に遊びに来た母親は、いつも『キッチンが汚れているわ』『棚にほこりが溜まっているじゃない』と言いながら勝手に掃除を始めます。いくら身内だからって、あちこち触られるのは不愉快…。今すぐやめてほしいのですが、『母なりに手伝ってくれているつもりなんだ』と思うと文句が言えません」

自分の母親と夫が不仲なケースも

なかには、自分の母親と夫の間でいざこざが起きているケースもあるようです。嫁姑問題と同様、やはり他人同士が理解し合うのは難しいのでしょうか。

・「大企業を辞め、あえて独立の道を選んだ夫。私の母に『〇〇さんは、以前大きな会社に勤めていたのよね』『それなのに…もったいないわ』と言われるのが嫌なようで、いつも陰で文句を言っています。母は褒めているつもりらしいのですが、本人は嫌味だと思っているようで…。お互いの関係は悪くなる一方です」

・「私の母は、よくわが家に食材やお小遣いを渡してくれます。受け取るのはいつも私で、夫からお礼を言うことはほとんどありません。それが気に食わないのか、『あの人は何も言ってくれないのね』『ありがとうの一言も言えないのかしら』と文句を並べる母。夫も、お礼の電話くらいしたらいいのに」

・「お世辞を言えない夫は、私の母が作った料理にも辛口コメントばかり。挙句の果てには、『この角煮、もっと煮込んだ方がいいですよ』なんて上から目線のアドバイスをすることもあります。その結果、うちの母まで『じゃあ外食でもなさってきたら?』と言い出してしまいました…」

「実親同居」のトラブル防止術

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。