もはや就活は進学先選びから始まっている!?あなたは何を基準に進学先を選びましたか

2020年度の新大学入試(共通テスト)の導入に伴い、2020年1月には最後のセンター試験が行われます。この試験でよい成績をとり、志望校合格にはずみをつけたいと、受験勉強に励んでいる高校生も多いのではないでしょうか。

ところで、大学を選ぶときにみなさんが基準とするものは何でしょう。偏差値?学費?それとも自宅からの距離でしょうか?人によって基準とするものは様々ですが、やはり念頭にいれておきたいのは、「その大学の出身者がどのような企業への就職実績があるのか」という点です。

続きを読む

そこで今回は、就職を見据えた進学先選びという点について、お伝えしたいと思います。

有名国立大学に合格していても、就職時に後悔することもある

地方の公立高校から一橋大学へと進学したある卒業生。「就職先の金融機関には慶應大学出身の人が多く、同じ大学出身の人同士のネットワークがうらやましく感じた」といいます。

また、就職活動においても「一橋大学も就職に強いとは思います。でもそれ以上に、会社に慶應大学出身の人が多いというのは、同じ慶應の就活生にとっても有利なのでは」と感じたとのこと。就職活動、そして入社後において、同じ大学出身者の存在は武器になるケースもあるのでしょう。

また、入試に関しては「センター試験や二次試験の幅広い対策が必要な国立大学に対し、慶應大学の文系学部は比較的限られた範囲だけ対策すればいい。慶應に行くと決めていたら、受験の労力が違っただろう」とも述べています。

もちろん、人によって大学に何を求めているのかは異なりますが、就職までを見据えて進学先を選ぶなら、就活や入社後のことまでイメージしてみることも必要かもしれません。

慶應義塾大学卒業生の就職先はどんな企業?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。