なぜフツ―のOLが隠れ貧困になってしまうのか? 悪循環から抜け出すには…

ファストファッションやネット通販、フリマサイトなど、流行の服が安く買えるということもあり、見た目では全くお金がないように見えない「隠れ貧困」が増えているといいます。一見きらびやかな生活をしているように見えて、実は貯金ゼロだったり毎月家計が赤字なんてこともあるようです。どんな人が隠れ貧困OLになりやすいのでしょうか。

隠れ貧困OLになってしまうパターン

女子会にお金をかけすぎ

女子会ではおしゃれなお店で綺麗に着飾り、1回の食事で4000円〜5000円なんてこともザラ。特に最近ではホテルや予約がなかなか取れない高級レストランなどで「映える」写真をSNSに載せるため、さらに出費はさらに増えることもありそうです。友人や同僚に見栄を張ったり、交友関係をキープするために身の丈以上の出費を続けることになれば、当然生活は苦しくなりますよね。

続きを読む

ネット通販にハマる

ネット通販は家にいながら買い物ができて便利です。クレジットカード情報を一度登録すれば手間もかかりませんし、お店で買うより安く購入できる場合もあります。最近では、普段検索している商品をキャッチして、その人が欲しがりそうな物をオススメしたり広告を表示する仕組みもあるので、ついつい買いすぎてしまうということも。ネット通販は、出費をコントロールして注意していないと、クレジットカードの引き落とし額が多くなりすぎて現金が手元に残らないという危険もあるのです。

奨学金の返済に追われる

高校や大学進学のために奨学金をもらっていた場合、社会人になってから返済が始まります。たとえば、毎月2万円の返済であっても、手取り20万円の人だと約10%カットされているのと同じことになります。借りたものは返さなければいけませんが、奨学金の返済があることで生活がギリギリになり、貯金にまでお金が回らないという人も少なくないようです。

隠れ貧困OLが生活を立て直すためにやるべきことは?

では、どうしたら生活を立て直すことができるのでしょうか。出費と収入の両面から考えてみます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。